嫌なことを引きずっているときの対処法

人生、良い時も悪いときもあるもので
良いときの気持ちはそれほど続かなかったりするのに
悪いときの気持ちは結構続いたりする
そんなときどうすれば良いのか?

もうどうしようも無く何かにとらわれて
その「事」や「人」のことで頭の中がいっぱいになり
その結果、何をするにも気持ちが前向きになれない
これではダメだと思っていても、そのことばかり考えてしまう時

そんなときはどうすれば良いのだろうか?

私の答えは3つ

1、別の楽しいことを考える
 とにかく別の楽しい事や嬉しい事を考える事に集中する
 と言うよりも頭の中を空っぽにするイメージ
 その為に少し目をつぶって深呼吸してみたり、とにかくリラックスする

2、その「事」や「人」の捉え方を変えてみる
 人は起こった出来事に意味をつけるので、
 起こった出来事に対する意味づけを前向きな捉え方に変えてみる
 そのとき気持ちが追いつかないと思うと思うけど、
 ここでは気持ちではない考え方にフォーカスする
 そして出来ればその変えた考え方を声に出してみる

3、考えたって仕方が無いと考える
 そもそもそのことを一生懸命考えるのは時間が無駄
 嫌な思いをした「事」や「人」を思って悩むなんて無駄でしかない
 きっとそうやってあなたが悩んでいる間、残念ながら相手は微塵も
 あなたのことなど考えてはいない
 いや、もっと言うならきっとあなたが聞いたらまた頭が来るような事を
 平気で思ったりしている
 そんな奴に時間を使うのは、もったいなさ過ぎる
 だから、考えたって仕方が無いと考え、限られた人生の時間を
 もっと有効に使おうと決める

これでも無理な場合は、きっと立ち止まっている証拠
まずは、何でも良いので何かにチャレンジしてみて下さい
そうすればきっと気がつけば忘れているもの

そう私は思う