最後の「お」は終わりまで聞く

人の話は最後まで聞きましょうということ
小学生は時に落ち着きが無く、授業を最後まで
聞けないという事がある
だから終わりまで聞きましょうねと言う意味だと思われる

がしかし、

大人も一緒では無いだろうか?

部下が相談にきたとき
お客様が時に的を得ない話し方をしているときに
奥様が話をしているとき

果たして最後まで話を聞けているだろうか?
やってしまいがちな態度として、
うんうんうんうんと言いながら聞いていなかったり
で?結論は何?と話を急かしたり
求められても無いのに意見を言い出したり

最後まで行く事は子供以上に大人の方が難しいのでは無いか?と思う

改めて自分の聞く姿勢を確認してみたいものだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です