そんな風に思っている人も世の中にはいる

言葉が伝わればそれで良いのであれば、コミュニケーションにおける不具合など起こらない

皆が、いちいち相手の言葉や態度を気にしなければ良いと言うのであれば、人間関係におけるトラブルなど起きない

いつの時代も退職で一番多い理由は組織の人間関係

報酬や仕事内容に不満があっただけで、人間関係は良かったんですと言う人がいるがそれは違う

良好で、かつ良いコミュニケーションがとれているならば、そういう不満だって解決出来る可能性がいくらでもある

というか、自分は誰に何を言わなくとも成果だけ見てもらえれば評価されるとでも思っているのだろうか?

そういうことをおもんぱかる察する能力だって相手の事をくみ取るコミュニケーション力が必要だ

そもそも

コミュニケーションが大切では無い、能力向上は不要と思う人は、人を人として大切にしたり尊いと思う気持ちが欠如している自分に気づいた方が良い

とはいえ、そういうことに気づけないからそういう考えを持っているのだとも思うが

そういう人達にとって何か気づくきっかけを作れる会社になれたらと私は思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です