SP-A事業

事実伸びている会社には社長アドバイザーがいます。

SP-Aとは(=Simple Plan-Advisor)

社長自身が、組織づくりと社員教育を考える制度です。

  1. 社長が未来のことを考える時間を創出します。
  2. 社長の頭の中を整理整頓し、実行することをクリアにします。
  3. 社長と毎月実行結果の確認を行うため、やりっぱなしがなくなります。
  4. 1年間を通じて活動を追うため、変化が実感できます。
  5. 外部に任せず、社長自らが実行者になるため、外圧的嫌悪感を社内に抱かせません。

社長の不安の原因をクリアにし、解決策を導きます。
社長自身のマネジメントを支援します。
社長自らの従業員教育により会社を変えていきます。
社長のリーダーシップを育てます。


結果、社長が変われば会社が変わる。